窓掃除でサッシやガラスを綺麗にする方法とは

窓掃除でサッシやガラスを綺麗にする方法とは

ハウスクリーニング業を営んでいる経験から、ガラスやサッシを奇麗に掃除する方法を書かせて頂きます。
まずは、サッシの埃やゴミを、掃除機で丁寧に吸い取ります。
埃がある状態で濡らしてしまうと、取りずらくなります。

次に、ガラス面を掃除するのですが、プロの職人はシャンパー(洗剤をガラス面につける道具)と、スクイジ―(ワイパーのように洗剤を取る道具)を使用します。
ホームセンターや100円ショップなどで販売しているので、手軽に購入できます。

やはり、道具があると掃除がはかどります。
洗剤はガラス専用のものもありますが、食器用洗剤などの中性洗剤を、水で薄めたもので十分奇麗になります。

たっぷり洗剤を含ませたシャンパーでガラスを濡らし、スクイジーで水を切るだけです。
高所ガラスなどを掃除する職人さんが、円を描くように道具を動かしている様子がイメージされるかもしれませんが、一般の家庭のガラスであれば、上から下にまっすぐ引っ張る事をお勧めします。
(まっすぐ引くと、継ぎ目に水分が残って白くなってしまうのですが、から拭きをすればすぐに消えるので、変な動かし方をするより、まっすぐ縦に引いた方が、拭くべきところがハッキリして、逆にやり易いと思います。)

乾いた雑巾で、上記の継ぎ目の水分や、ガラスの周囲に残ってしまった水分を拭き取ります。

最後に溝を濡れた雑巾で拭き取ります。
この時、刷毛などで溝の中を良く濡らし、水分を吸い取るように拭くと奇麗に仕上がります。

また、使い古しの箸などで、サッシの角まできちんと拭くのも、奇麗に見せる秘訣です。

ちなみに、ガラス掃除は当日の天気にかなり左右されます。

プロの職人でも、日差しが強い炎天下では、すぐに洗剤が乾いて白っぽくなってしまい、苦労する事があります。
また、逆に梅雨時期など湿気が多すぎると、何度から拭きをしても、うまく水分が拭きとれない時もあります。

ガラスを掃除する時は、ちょうど良い曇りの日に行う事をお勧めします。