トイレの便器の汚れを取る方法とは

トイレの便器の汚れを取る方法とは

トイレの便器で汚れが付きやすいのが、フチの裏水が貯まる部分の周囲です。
特にフチの裏には水が流れにくいので、放置しておくと飛び散った尿が菌の作用によって変化して頑固にこびりついています。

汚れの落とし方は、トイレ用洗浄剤をフチ裏に狙ってぐるっと1周かけて全体に行き渡るようにしてブラシで擦り落とします。

水が貯まる部分の周囲の汚れも、ブラシで擦り落とします。

こびりついてしまうと落ちにくくなるので、日頃からトイレ用洗浄剤とブラシを使ってこまめに掃除を行っていきます。

トイレの臭いは便器のフチに付着した飛び散った尿が乾燥したり、菌に分解されたりすると臭いが発生します。

男性の場合は立ってするので、座ってするよりも尿跳ねが起こりやすいです。
便器の裏や便器のフチや外側や床を、トイレ用拭き取りクリーナーとトイレットペーパーを使ってこまめに拭き掃除を行います。

トイレのマットはこまめに洗濯をして、除菌や消臭スプレーをかけるようにします。
トイレの臭いは臭いやすいので、こまめな掃除が欠かせないです。

頑固な汚れになってしまった場合は、耐水性の紙やすりを使う方法があります。
紙やすりに水と石鹸を付けて、便器を傷付けないように気を付けて優しく擦ります。

便器の表面がコーティング処理をされていると、クレンザーや紙やすりは傷が付きやすいです。
コーティングが剥がれる場合があるので、便器の取扱説明書を読んでから使用をする事が大切です。